« June 2011 | Main | September 2011 »

ガイガーカウンタ入手

まえまえから欲しかった、ガイガーカウンタを買いました。こちらで紹介されているChaneyの組み立て済みです:
http://www.higuchi.com/item/646

これのGM管はロシア軍用DP-5V:
http://d.hatena.ne.jp/nojiri_h/20110530/1306750423
に使われているものと同じようです。

しかし、私のところでは湿度70%くらいをこえると動作しなくなり、困ったものでした。基盤や部品を
http://www.utsunomia.com/y.utsunomia/geiger.html
に従って、アルコールをつけた綿棒で拭いたら改善はしましたが、やはり高湿度の屋外ではだめでした。アメリカの気候でなら動くんでしょうけど。どうも一番クリティカルなのは整流ダイオードと抵抗の間の短い区間のようです。この区間にプローブで触れると動くようになることに気がつきましたので、ダイオードの後にビニール被覆線をつけたら安定して動くようになりました。多分 http://www.higuchi.com/item/628 の図にあるコンデンサのような役割をするのだと思います。10cmで陰極から2,3mmですから10pFくらいではないでしょうか。

それで、予想どおり排水溝の周りは放射線が数倍程度になることとか、バナナ1本で10cpmくらいになることとか。あと研究所の放射線管理区域に近付いていったりとかして楽しみました。

校正はしていないけど、まあ感度はほとんどガイガー管で決まってるので、さほど誤差はないでしょう。インターネット情報と自分の情報を突き合わせれば120cpmあたり1μSv/h、自発発火は12cpmくらいでつじつまがあっているようです。

まえから秋月のガイガーカウンタを買おうと思ってて、販売終了になった時は残念だったけど、むしろこっちで良かったです。秋月のは感度が低くて500ベクレルくらいの食べ物を検出したりは出来なかったでしょうから。

しかし言われているとおり、ガイガーカウンタを手に入れると放射性物質が欲しくなるな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | September 2011 »