« November 2009 | Main | February 2010 »

「日本人の英語」

マーク・ピーターセン「日本人の英語」を読んだ。

結論:私は今まで読まなかったことを後悔している。ただ「将来英文を書くかも」程度の切実さが足りない人には上等すぎると思う。すでに英文を書いたけど「これでいいのか」と思う人になら本当に助けになる。

"a"とか"the"の問題はnativeに直してもらっても理由までは説明してくれないというか、nativeでもよっぽど自分の言語についてよく考えている人でないと説明できない。なぜかというとこれは背後にあるnativeどう「感じ」ているかが問題だからなんだけど、このnativeの「感じ」を説明していある文章を私はこの本で始めて読んだよ。


さて、以下は評でなくて読んでいて書きたくなったこと。

まずはじめの"a"と"the"について。私もこの問題については考えてきたけど、この本を読んでさらに理解がレベルアップした。冠詞が名詞につけるアクセサリーではなく、むしろ冠詞のほうが主なのだというのは、なるほど。


5章の純粋非可算名詞の説明を読んでいて思ったのだけど、日本語にも非加算と加算名詞の区別ってあるね。文法的には見えないけど。
日本語では「一つ二つ助言をした」と言うから「助言」は可算名詞だ。でも「一つ二つ援助した」とはあまり言わない。「少しばかり援助した」とは言う。ということは「援助」は非加算名詞なのでは?"advice"は日本人が典型的に間違える非加算名詞なんだけど、"advice"=「助言」だと思ってるから日本語の単語の加算性が乗り移って間違えるのでは?
あと「家具」は加算だけど「調度」は非加算だとか。だから「調度一つ」とは言わない「調度の内ひとつ」とか言う。これって"a piece of furniture"と同じでは?
"information"も日本人がよく間違える非可算名詞なんだけど、日本語では「耳寄りな情報を一つお教えします」とか言えるし。しかし「知識を一つお教えします」は少し変だ。「学識」ならもっと変だしと、日本語にも可算/非可算がある。


ところでこの章にあるこれは違うとおもう。

私は、日本にきたばかりのころ、次の日本語をふと耳にして驚いたことがある。「あの人は思いやりがなさすぎますよ」。その表現を聞いて、日本語としては、何かが「なさすぎる」という言い方が許されていることを始めて知った。「なさすぎる」はどう考えても英語にならないので、強いフラストレーションを感じ、そのころの私の国文学の先生のところまで文句を言いにいった。

「『ない』は『何もない』の意味ではないか。『ゼロ』ではないか。『なさ』には度合いがあるのか。もしなにかが『少なすぎる』ちおうのなら分かるが、『なさすぎる』なんて、どうしても私には納得できないことである。英語は決してそういう非論理的な言い方を許さない。」というようなことを言ったら、先生は「まあ、英語はよくわからないが、『ない』という日本語は『ゼロ』じゃない」と教えてくれた。

いや、これは「先生」の説明は間違っているとおもうな。「なさすぎる」というのは日本語としても変で、すくなくともまじめな文章では許されない表現だ。ダメな理由も英語とおなじ。

「なさすぎる」という表現は子供が言っているか、怒った人が言っているような感じがある。「思いやりがな」くらいまで言ったところで「思いやりがない」というプレーンな表現ではいい足りないような感じがして「すぎる」とかつけちゃうような感じ。

で、次、

"Once upon a time, there were an old man ad an old woman. The old man ..."(むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさん居ました。おじいさん・・・)という典型的な冒頭センテンスを考えてみたい。日本語では最初から「むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさん居ました。」とはいえなのと同じように、英語でも"Once upon a time, there were the old man ad the old woman...."とはいえない。

が、日本語の場合、たとえば、一度そのおじいさんが「あるところにいたおじいさん」として紹介されたら、その次のセンテンスから「おじいさん」という表現は少しもおかしくないであろう。それと同じように英語の場合も、・・・ (p52)

これを読んではっとした。日本語の「は」と英語の"the"は対応する場合が結構ある。この本の例文でも"the"に対応して「は」が使われている例が多い。(もちろん著者はここでそんなことを主張してはいない。単に同じ物をさしているのにも関わらず表現を変えなければならない場合が日本語にもあるということを言いたかっただけだろう。)

「その帽子をかぶった男はあっちの方へ行きましたよ。」
"The man who wore a hat went that way."とか
いくつか例文を考えてみても「は」は半分くらいの確率でtheと一致するようだ。

"the"の使い方は日本人に説明が最も難しい英語のfacilityだし、「は」と「が」の使い分けは外国人に説明のもっとも難しい日本語のfacilityなのだけど、これが相互に対応しているというのは驚きだ。(「その」とか「例の」に対応する場合もあるけど。)

ある言語の機能の不足は実は他の機能で補われているという考えの実例だと思う。

まあしかし、"the"というのはその言葉が他と区別可能な特定の個体を指していることを示すものだし、「は」はそれが他とは対比的に違っていることしめすものだというのは前から分かっているわけで、その当然の帰結として半分くらいの確率で一致するだけと言うと当たり前だけど。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

新興国の賃金はやすいけど、販売業などは輸出が不可能なので大丈夫と言う。ふと、これは本当なのだろうかと考えた。もしかしたらロボットを使うと移民を入れなくとも輸入できちゃうのではと思った。

牛丼屋に入る。

「イラッシャイマセー」。ロボットが振り向きたどたどしい日本語で答える。

実は自動ロボットではない。二つのカメラアイは光ファイバ公衆網を通って2000km先の貧しく賃金のとある村につながっている。そこで村人が副業としてロボットを操作しているのだ。

レイテンシはおよそ10ms。リアルタイムで二足歩行ロボットを操作するには充分だ。だいたい細身の人みたいな形で人間向きに設計された作業空間に難なく適用できる。

みたいな感じのことは可能のなのでは。
しかも人間が制御するならおそらく今の技術力ですぐにでもできる。問題は低レイテンシの公衆光ファイバ網が僻地にまで届く時期だ。まあlast 100mileは無線でも良さそうに思うけど。あるいは200msくらいは転んだり物を取り落としたりせず耐えられる程度の自律制御を入れればレイテンシを100ms程度に伸ばしてもよいかもしれない。それなら衛星でどこにでもリーチ出来る。

サイエンスライターの森山さんなんかも気にしているけど、ロボットが普及するためにはキラーアプリが必要なんだけど、これって今まで見た中ではもっとも「本当に儲かりそう」なアプリケーションだ。

最低賃金でバイトを雇っても8時間で8000円くらい。ロボットなら3交代全部で使えるから、向こうの人に1/10の賃金を払ったとき、年に五百万円くらい節約できる。これなら操作盤とロボットが1000万円しても割に合う。これは現在の技術力でも楽に作れるだろう。つまり(儲かり過ぎなので)急速な産業としての離陸が可能だ。そして離陸すれば、こういうどんぶりが持てればいい程度の軽作業用ロボットって100万円程度になってしまいそうだし。そうすればどんどん普及する。

そしてそのうち工事現場用の数百キロくらいの力があるロボットも出来て、そのうちそれを使った遠隔犯罪が多発して、そのうち外国人ロボット警察部隊が出来て・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« November 2009 | Main | February 2010 »